Silver Moon and 5 Stars

だってだって、今が最高!

ジャニヲタが増上寺の御朱印帳を持って御朱印をもらうために伊勢神宮に行く旅、略してタメ旅!

先月東京に行った際にたまたま増上寺で御朱印帳を買って、それまで御朱印とかぜんぜん興味なかったんだけどせっかく買ったならどこか行きたいなーと思ってお友達の上田くん担に連絡したらやっぱり当然のように増上寺の御朱印帳持ってて、よし伊勢神宮行こう!ってなって行ってきました~~!!

タイトルで旅って言ってるけど日帰りです。でもすっごい充実して満喫してきました!!

今回一緒に行ってくれたお友達は2人♡

Aちゃん→地元のお友達。ヲタクじゃないのに私の話にいつも付き合ってくれる。

Bちゃん→Aちゃんの職場のお友達。ヲタク同士ってことでAちゃんが紹介してくれて知り合った。上田くん担。

私はとりあえず日にちと集合時間だけ決めて向かえばいっか~~みたいなゆるいノリを考えてたんだけど2人が安く行ける方法を調べてチケット準備してくれたりしてとてもお得に行けました!さすが!!2人ともほんとにありがとう!!

Bちゃんはほんとしっかり者でヲタク活動にもばっちりそれが活かされてる!

前に某イベント前日にBちゃんとお茶してて。前日だけどチケット探してて、譲ってくれそうな人とやり取りして返事待ちだったから最初から「返事待ちしてるからケータイ見ちゃうかも、ごめん~~(>_<。)」って断ったら「ぜんぜんいいよ~むしろそっちの方が大事だから!」って言ってくれて。ヲタクだからヲタクの気持ちわかってくれすぎててほんとにありがたかったの。で、話してたらほんとに返信来て譲ってもらえることになって「譲ってもらえる~やったー返事しなくちゃ~新幹線の時間調べなきゃ~帰りにチケット買わなくちゃ~~」ってわーって1人でテンパってたら、「とりあえずすぐに返事しな!新幹線の時間なら私が調べてあげるから!」ってすぐに調べてくれてほんとに惚れた(´ ;ω;`)

まぁ話が逸れたけどそんなBちゃんと、ヲタク2人のツッコミ役?Aちゃんの3人での伊勢神宮だったよ( ´ ▽ ` )ノ

朝はけっこう早めに待ち合わせして出発~~行きの電車の中でも話題はまぁ自担のこととかだよね(笑)上田くんのドラマも1話見てすごいハマり役だったからよかったよ~!とか話した。行きの電車の中からほんと楽しかった、雨だけど。雨だけどね。

近づくにつれ強くなる雨(;▽;)でもまぁなんとかなるかな、あんまりひどかったら早めに引き上げればいいし~って感じだった。

伊勢到着したら、バスの1日乗車券みたいなの買って出発!結果的に予想以上に行ったり来たりでバス乗ったのでこれ買って正解でした!

あと案内所にあったコレ!

f:id:soknn0915:20171024231001j:image

御朱印をもらえる神社とかがたくさん載ってた!結局載ってる中では1箇所しか行けなかったんだけど、その他の紹介されてるところもまた改めて来たいなってなった!!

1箇所目は内宮近くの神社に行って、そのあと内宮へ。ちょうどタイミングよくてバスに乗るのに並ばずにすんで移動がとってもスムーズでした。ほら、ヲタクのくせに並ぶの大嫌いだからさ。空いてるのほんと大事!

内宮で御朱印もらったあとはお昼ごはん♡伊勢うどんもいいけど、今回は手ごね寿司~~(ღ♡‿♡ღ)

ご飯のあとバス停探して歩いてたら外宮行きのバスが横を通りすぎて数十メートル先で止まって、「乗りたいのあれじゃん!!」ってなって全力疾走…まさか食後にこんなに走ることになるとは思わなかった(笑)

相変わらず雨は降り続いてるけど、歩き回れないほどじゃないし寒すぎるってこともなかったからよかった( ¨̮ )

外宮に行って、それでもまだ時間に余裕があったので移動しつつ周りにあるナントカ宮?みたいな…あるよね?(笑)神宮の周りに点在してる小さいお参りできるところを回ってきました~~もちろん、御朱印ももらえたよ~~( ´ ▽ ` )ノ

こういったところは内宮外宮よりも人が少なくて、雨のせいもあってかほんとに人気がなくて、でもそれが逆に神秘的というかスピリチュアルな感じというか…

ほんとにしんとした森の中で手を合わせてお参りしてると雨の音しか聞こえなくて、なんかすごい不思議な感じだった!雨の中でのお参りも悪くないなって思ったよ(*ˊૢᵕˋૢ*)お願いしてるのは「自担に会えますように」とかだけど(笑)

途中「上田神社」も近くにあったんだけど無人のところらしくて御朱印ないみたいだったからパスしちゃった(´・ ・`)でも全国に探せばありそうだよね。

バスでの移動で、ほんとに結構行ったり来たりで何度も乗ったから乗り放題の乗車券役に立った!こういうのも調べておいてくれた2人に感謝。

駅まで戻って周辺でお土産タイム~~(ㅅ˙³˙)♡地酒とか置いてるお店も覗いて、ほんとは買うつもりなかったんだけど帰りの電車で飲もう~~!みたいな流れになって缶ビール購入♡やっぱこれがなくちゃ!!お昼ごはんのときも飲まなかったし、最後くらい飲みたい~~!!てことで缶の地ビールとおつまみも買って伊勢にばいばーい( ´ ▽ ` )ノ

帰りの電車の中でもヲタトークしながら飲むの、ほんと楽しかった~~♡ていうかお酒入ったらほんとあつく「ヲタクとは?」みないなことを語ってしまうからかなりめんどくさいと思うんだけど、付き合ってくれるというか、一緒に話してくれるBちゃん、ほんとよいお友達♡あっもちろんAちゃんも一緒に飲んでお話してくれたよ!あーはいはい、みたいに流されるけどでもちゃんと聞いてくれるんだよね、優しい♡途中から疲れて寝てたけど(笑)

私も寝るかなー?って思ってたけど、Bちゃんと話してたらすぐだった!ヲタク元気かよ(笑)

今度は京都とか行きたいね~~とかいいつつ、伊勢神宮の旅終わりっ!

ほんと楽しかった~~!!

増上寺の御朱印帳、ほんとにお気に入りなのでもっと他にも持って出かけて行きたいなぁ~~( ´ ▽ ` )ノ

やっぱりイケてる大人たちの仕業だった

16日になって、新しい地図が本格的にスタートした。

前回のものと新しい動画の製作陣が発表されたけど。

 

やっぱり!

ですよね~~

 

こどもの頃はわからなかったSMAPのかっこよさ - Silver Moon and 5 Stars

 

まさにこのとき書いた広告批評に載ってる方…!!

もちろん私は素人でなーんにもわかんないし確信があったわけじゃないけど、でもなんとなーく、なんか感じるものがあったんだと思う。

当時からSMAPを追ってる人ならなにかしらそういうの、あったんじゃないかな。

 

新しい地図に「広告界のSMAP」結集 豪華すぎるメンバーが話題に (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース

 

こどもの頃はわからなかったSMAPのかっこよさ

私がSMAPと出会ったのは99年のこと。

私はまだ小学生で、中居さん主演の「グッドニュース」っていうドラマを見たことがきっかけだった。

 そのころの私はこう思ってた。

SMAPのジャケットってなんで手抜きなの?」

Birdmanはかっこよかった。

でもウラスマとかエスマとかベストとかクリップとか、なんでこんなに適当なのかなって。かわいいし、SMAPらしくていいんだけどさ。

疑問には思ってたけど、SMAPってそういうもんだしって理屈じゃないところで納得してる部分もあった。

この認識をちょっとだけ改めたのは2002年の広告批評SMAP特集を見たとき。

デザインとか広告とかそういったものに興味があったからじゃなくて、特集の中のSMAP出演CM一覧みたいなの目当てで買った。ちなみにこの当時で525本のCMが載ってる。すごい。しかも「ほぼ」だけど全部ではないらしい。すごい。

CM一覧以外の特集記事も読んだ。

あのデザインにはクリエイターって言われてるたくさんのイケてる大人が関わってたらしい。

たくさんのイケてる大人がまじめに会議とかして話し合って、SMAPのことをたくさん考えてあのジャケットになってたのか。

 まぁデザインの良さとか専門的なことはあいかわらずよくわかんないけど、でもすごいってことは子供ながらにわかった。

「新しい地図」のあの映像、やっぱめちゃくちゃかっこいい。

デザインとか広告とかの知識があるわけじゃないから、大人になった今でも何がどうすごいとか、まぁよくわかってないんだけど。

今でも彼らのことを思ってこういったものを創ってくれるイケてる大人がついててくれてる。

本人の映像がなくても、歌声がなくても、彼らからのメッセージだってわかる。すごい。

 そして最初の言葉が「逃げよう。」ってすごくない??すごい。かっこいい。

世界に一つだけの花」のシングルが発売されたのが2003年。ナンバーワンよりオンリーワンのメッセージ性はゆとり教育がどうとか、そういったの当時の世間の流れもあって受け入れられたんだと思う。SMAPはそういうの「もってる」感じ。

マッキー(槇原敬之さん)も「SMAPが歌ったからこそより広く知られた」といった旨の発言を何度かしていると思うんだけど、SMAPってそういうとこある。かっこいい。

「逃げよう。」 のメッセージも、あとから見返したときに、「あの時代にぴったりだったよね」って思うのかも知れない。

出せないファンレターを書いてしまったヲタクに聞いて欲しい一曲

涙の乗車券と手紙は未だ出せないまま

THE抱きしめるズ「I wanna be your boyfriend」/アルバム「I wanna be your boyfriend」収録

2時間かけて書いた手紙をボツにしてからずーっとこの曲が頭から離れない。

得意ってわけじゃないけど文章を書くのは好きだし、手紙を書くのも嫌いじゃない。

去年の春頃まではアニメ声優ヲタクもやってたんだけど、そっち系のイベントって必ず会場にプレゼントBOXがあるから行った時はほぼ毎回出してたと思う。

前日までに書くこともあれば行きの新幹線で書くこともあったし、会場近くに着いてからコーヒーを飲みながら書いたりすることもあった。次のイベントまで時間が空いてしまうときは事務所宛に郵送でも出してた。

あんまり悩みたくないし、そもそも読まれるかわからないから内容は結構適当。いや、適当ってわけじゃないんだけど、直近の簡単な感想とか、もし読まれても当たり障りないっていうか毒にも薬にもならないようなものにしてる。もちろん、気持ちはたくさん込めるけれど下書きとかはしない。長くても1時間もかかったことないと思う。読み返したりもしない。

前にどこかで「夜書いたことを翌日見返してから封をする」って話を聞いたんだけど、私は逆に書き直したりやっぱり出すの辞めようかなって思いたくないからその場で封もするし切手も貼っちゃう。ほんと、夜ってテンションあがって結構小っ恥ずかしいこと書いてるとはわかってるんだけど、それもありかな~って思うし、そういうときこそ本音の飾らない好きな気持ちを詰め込められてる気がするから。

その私が、2時間もかかった上に結局出すの辞めちゃった。

たぶん、特におかしなことは書いてないと思うし、他の人が読んでも「普通にファンレターになってるよ」って言ってくれると思う。

だけど、なんて言えばいいかわからないんだけど、とにかく「なんか違う。」

すぐに書き直そうかとも思ったけど、その気力も湧いてこなかった。

で、ふとこの曲のことを思い出した。

THE抱きしめるズの「I wanna be your boyfriend」

タイトルこんなんだけど、ガチ恋ソング?とかリア恋ソング?ではないと思う。

ずっと失恋ソングだと思ってて、それは間違ってないと思うんだけど。

今の、手紙を出せない自分にぴったりすぎる。

“涙の乗車券”…ではないけれどたくさんの思い出が詰まったチケットを同封して今すぐ出したいくらいなんだよ。

和らいだ季節の空気でさえも

思い出の色は消せないまま

 だし

華やいだ都会の空気でさえも

あの頃の匂いは消せない

 し。

そして、その先に続けてこう言いたい。

『これから先どんなに大きなステージに立とうとも、この夏の君だって消えないままなんだよ!』

勝手な解釈だけど「手紙を出せない」だけじゃなくて、この辺りがめっちゃドンピシャすぎて…

出さなかった手紙の中で、言葉にできなかった部分が表されてる気がする。

今でもぜんぜん別のことしてるのに浮かんでくるし、この前もうたた寝してて起きて意識がはっきりするかしないかで脳内再生されて、だけど同時にやっぱり時間が経って少しづつ薄れて忘れてきちゃってるのもわかって…だからこそどこかに書き残したりしたいのに言葉にならないし手紙も書けない。

この夏の君がどれだけ素敵でそれがどれだけの幸せをくれたか、ほんとはきちんと言葉にして手紙にして出したいけど。だけど、言葉にはならなくてて、でも私の中にはずっと消えないままだなって。うまく言えないけど。

あと、上でもちょっと書いたけどこのタイトルでありながらリア恋ソングぽくないのって

君が居てくれるなら素敵

今も君を想っているよ

の部分がこの曲を作詞作曲した抱きしめるズギタリスト、篠崎大河さんによる「I wanna be your boyfriend」の日本語訳のような気がしてるからかな。

昔どこかの誰かが月が綺麗ですねって訳したみたいだなってずっと思ってるんだけど。

だから「彼氏(彼女)になりたい」っていうよりももっと大きな意味での「好き」って感じがするなって勝手に思ってます。

ジャニヲタがオススメする〇〇曲みたいな記事をよくお見かけしておもしろいなって思ってたので、また何かあったら書きたいです。

「後悔」と「人生」、そしてエモすぎた夏の思い出。

f:id:soknn0915:20170824001504j:image

 サマパラ聡マリ公演お疲れ様でした。
正直、言いたいことはTwitterに書いたこれがすべてで公演内容についてのレポや感想は書けそうにもありません。
そういったものを期待してここを見てくださったかたがいたらすみません。

松島くんの薔薇色の日々を読んで。

「人生を振り返るなんて、なかなかない」って書いてて、確かに私もそうだったなぁって。

松島くん、そしてSexy Zoneに出会うまでは。

3月25日に初めて出会ってから、そしてGWのSTAGE横アリ公演を見てから特に「人生」とか「後悔」て言葉を多用するようになったと思う。

こっそり書いてるアラサーBBAのこじらせ全開ポエム日記とかメモアプリとかによくこの2つの言葉が出てくるようになった。

たぶん私、今年のあの横浜で過ごしたGWが今までの人生でいちばん楽しかったから。

根っからのヲタク気質だから、これまでも何かと追っかけてあちこち行ったりして楽しいこともたくさんあったはずなのに。

それなのに生きてきて今がいちばん楽しい。

Sexy Zoneに出会うまでの自分ってどうやって生きてたのかな。

Sexy Zoneに出会ってなかったらいったい今ごろ何してたのかな。
ってよく考えるようになった。

Sexy Zoneに出会って「人生ってこんなに楽しかったんだ」って。

サマパラが発表になってからは「後悔したくない」ってずっと言ってた気がする。

「絶対に後悔したくない」

「絶対に今まででいちばん幸せな夏を過ごしたい」

わがままなのはわかってたけど、どうしても絶対に叶えたかったし、そのためにできることは全部やろうって決めた。

これまでの自分だったら考えもしなかっただろうな。

Sexy Zoneに出会ってから自分でもびっくりするほど貪欲になったし諦めも悪くなった。

だから、サマパラ風磨くん公演を見たときにあまりにドンピシャすぎて号泣しちゃったんだ。

その日しか予定があわなかったから、チケット見つからないままで東京に行くつもりで準備だけしてて。

ありがたいことにご縁があって前日に譲ってもらえたんだけど、もし仮にチケットなかったとしてももう入れないの覚悟で行くだけ行こうって決めてて。
チケットは手に入ったけど、行きの新幹線でもずっと「絶対後悔したくない」って考えてて。

入れるかどうかわからなくても行ってしまった後悔と諦めて何もしなかった後悔って絶対比べられないと思ったから。

ネタバレも見たくなかったから、何も知らずに公演を見てあのテーマだったから、最後の挨拶からアンコールが終わるまでずっと泣いてしまった。

そういう後悔しない生き方を教えてくれたのはまさにSexy Zoneで風磨くんなんだもん。

本当に偶然そういったテーマなだけで、ヲタクが勝手にエモこじらせすぎてるだけなのはわかってたけど。

でもエモ散らかさずにはいられなかった。

聡マリ公演が終わったあとはめちゃくちゃ泣いた。

本当に全部終わっちゃって、本当に寂しかったから。

でもあれだけ泣いてしまったのは、やっぱり本当に本当に幸せで素敵な夏を過ごせたからで、だからこそあんなに寂しい気持ちだったんだなって。

自分が願った以上に、想像した以上に本当に本当に楽しくて忘れられない今まででいちばんの夏になったからだなって。

そしてまたも本当にただの偶然だったのはわかっているのだけれど、テーマが「人生」だったのはヲタクとしては勝手に運命を感じてしまうのです。

松島くんは、「ジャニーズは、人生」だって書いてた。

私にとっては、ジャニーズがって言うとちょっと違うけど、でもアイドルを追ってない自分は想像できない。

どうやっても「アイドルを好きなこと」は辞められないし、アイドルへの気持ちだけはいつも嘘偽りないと思ってる。

だから、これからもその人生を応援させてもらえると嬉しいな。

2017年8月24日

ゼロから始めるSexy Zone

2017年5月6日午後5時半、チケットを握りしめ新横浜駅から横浜アリーナへと続く歩道橋を全力疾走していた。

どしてこんなことになったんだっけ??
話は3月中旬まで遡る。
その頃私はとにかくもやもやしてて、なんでもいーから何か楽しいことしたいな~~って気分だった。
例えば、全然知らないアイドルのコンサートに行くとか。
アイドルは好きだけど、好きだからこそ知りたくなって知りすぎてつまんなくなっちゃうことあるじゃん?
だから、できるだけ余計な知識を入れてないアイドルを見たいなぁ、なんて思ってた。
ちょうどそのころSexy Zoneのツアーが名古屋から始まることを知った。
ちょうどいいかも!
こんなこと言ったらファンの人に怒られると思うけど、私はほんとにSexy Zoneに関して無知だった。
その頃の私のセクゾ知識と言えば、あの「マイルドも地球の裏側ではワイルドになる人達」だよね、くらいだった。本当にごめんなさい。
個人については…
風磨くん…はわかるな。他のキャスト目当てだけど時かけも嘘戦も見た。ケンティーは、ん~~ドラマや映画に出てるのは知ってるけど実際に作品を見たことはないなぁ。おじゃマップに来てくれたことはあったよね。
勝利くん、言わずと知れた顔面国宝!でもやっぱり個人仕事について等はピンとこない…
マリウスくん、前にスマスマに出たときに吾郎さんと知り合いって言ってた!
…とあと1人だよね…??
くらいのものだった。
本当に申し訳ない…。
それからもう一つ、音楽の日で中居さんが人数について聞いてたあのグループだよね??
とにかくそんな状態で私はSexy Zoneを見に行くことに決めた。
もともとアイドルも好きだし、ジャンルを問わず音楽を聞きにライブやフェス行くことは好きだったから思いついたらすぐ行動!
他のジャニーズのグループを見に行ったこともあるけれど、ツアーの初日に入ったことはなかったからそれも楽しそう、くらいの気持ちだった。
便利な世の中になったもので、ネットですぐに同行させて頂けるかたが見つかった。
前日に「あんまり何も知らないままなのもなぁ」と思い、他のグループ目当てで会員になっていたジャニーズwebのページを見てみることにした。
とりあえず、ケンティーさんはあの短い文章の中でもキャラが爆発していることと、名前の出てこなかった最後の1人は可愛い系キャラなのかな、ということだけはわかった。
当日、待ち合わせの時間に会場へ向かうと…わ、若い…💦💦
NEWSのときでもかなり若めのファン層だと思ったけれどそれ以上。
でもこうやって同じコンサートのために集まってきた人たちを見るのは、それだけで楽しくてわくわくした。
来る途中、グッズはどんな感じかな~~ってチェックしてて写真で見た感じだと…だったけど、実物を見るとペンライトがめちゃくちゃかわいい…!
と言ってもグッズ列もまだ人が多かったし、どうせ今日1日だけだからと思って買うことはしなかった。
会場内へ入るために入場列に並んでいる間にTwitterをチェックすると…
アリーナ構成表が流れてきていた。自分が入るのはアリーナではないけれど、ツアー初日ということで今日が解禁日だしちょっと気になっていた。
でもそのアリーナ構成表を見て驚いた。
花道も外周もない!!!!
え、いや、まじで??ガセかな??
半信半疑のまま入場すると…
ないーー!!!!
内心思った。
やっちまったなぁ…
正直ジャニーズっぽいコンサートが見られてそれなりに盛り上がれればいいや、くらいに思ってたんだけど大きく予想を裏切られた。
私の中のジャニーズっぽいコンサート=外周が…ない…
若干の不安を覚えながら、席について開演を待った。
開演待ちをしていると、隣の席の二人組の女の子の会話が耳に入った。
私も好きな別のグループの話題だ。盗み聞きをしているうちに、思わず話しかけていた。
「私もそのグループ好きなんだけど」
その女の子たちは一瞬え?みたいな顔をした。当然である。
「あっもともと別のグループのファンなんだけど、ちょっと嫌なこと忘れたくて初めてSexy Zoneを見に来たの」
すると女の子たちはこう答えた。
「それならSexy Zoneはちょうどいいですよ~セクゾちゃんはおくすです!」
セクゾちゃんはおくすり…
その言葉がなぜだかとてもおかしてく笑ってしまった。
セクゾちゃんはおくすり、か。なるほど。
その言葉を胸の中で繰り返しながら、開演を待った。
そのうちにスクリーンのカウントダウンはゼロに近づいていく。会場中が声を合わせて一緒にカウントダウンしていた。
私は双眼鏡を準備!
誰を見たいとか、目当てがいる訳ではなかったけれどとりあえず双眼鏡。
そして、STAGE初日は開演した。
と言っても私は曲がわからないので、衣装かわいいなぁとかこの曲おしゃれだな~~くらいの感じで見てた。
会場の雰囲気はというと…初日でセトリばれしてない状態だからなのか、曲が始まるときの歓声がすごい。
それにしてもすごすぎないか、と感じたのが映像ジャンクション開けのとき。
コンサートの熱気はわかるけど、特に何か仕掛けがあるわけでもなくステージ上で5人で歌うだけなのに、盛り上がりすごすぎないか…??もしかしてそれだけじゃないの??なにか特別なの??
何も知らない私だったけど、その雰囲気から単純にグループみんなで歌っているというだけではなさそうなことがなんとなくわかった。
これは後で知ることで、このときの私は全く理解してなかったのだけど5人で歌うTeleportationのときのことだった。
何も知らない私は私は風磨くんの銀髪にあのピンクの衣装似合ってるなとか考えてたし、風磨くんとケンティーさんが近づいたときはきゃーって言っていいんだなってことをようやく理解し始めていた。
コンサートが進むにつれ少しづつ開演前の不安が大きくなっていく。
始まって何曲か歌っているが、すべてメインステージ。
え、アリーナ大丈夫…??後ろの方の子大丈夫かな??とめちゃくちゃ余計なお世話なことを考えていた。
だけどそんな風に不安に思ったことも次の瞬間には忘れていた。
5人揃って、天井からのレーザーの動きに会わせるアレ!!!!あれをみた瞬間に、これはすごいって。
なんかうまく言えないんだけど、あれって絶対に本人たちが練習して努力しなければできない演出だなって見てすぐにわかったから。
実際、名古屋ではちょっとズレちゃってたところもあったと思う。けど、それ以上にその難しいさに挑戦するその姿勢にとても感動した。
私にとってまだよく知らない5人だけど、コンサートに本気で向き合っていることがわかった。
次に印象に残っているのは5人でお揃いの白スーツ。めっちゃかっこいい!!けど、唯一風磨くんのサングラスだけがちょっと謎だった。
このあとようやくアリーナトロッコが登場する。
お、なるほど。バクステまでの移動、どうなるのかと思ってたけど、やっぱりそうなるよね~~。
なんて気を抜いていると、バクステのちょっと手前でトロッコを横に繋いで簡易ステージにして…からのsnow…??え?すごい!!すごくない??!!
正直ここからは驚きというか、ほんとに楽しくて自分みたいに何も知らない人でもこれは楽しいわ!ってなるようなことの連続だった。
まさに開演前に思ってたようなただただ楽しいコンサート!
何より会場の盛り上がりがすごかったし、何も知らない私にもファンが見たいものが繰り広げるられてるんだろうなっていうのがその熱気からわかった。
MCもおもしろかった。このあたりからわたしは聡ちゃんという人物を意識しだしたように思う。
なんていうか、一言話すとそれだけでキャラが「バレる」タイプ。
なるほど、松島くん。私が5人の中で最後に名前をきちんと認識した松島くん。
MCのあともとにかく盛りだくさんで、あれもこれもアイドルのファンが見たら絶対楽しいって思うことだらけだった。
着ぐるみでかわいく踊ったり、スクリーン越しに着替えて女装して出てきたり。
かと思えば、またかっこよく踊ったり。
このあたりから私はずっと双眼鏡で松島くんのことを見ていた気がする。
ソロも食い入るように見てた。
双眼鏡で松島くんを除きながら、なぜだかよくわからないんだけど私は半泣きになってた。
だって、なんかすごく一生懸命じゃん。
そんな風に人がパフォーマンスしてるのを見るのが純粋に楽しい。よかった、私の中にもまだアイドルを見て、純粋に楽しいと思える気持ちがあってよかった。
そんな思いがこみ上げてきて、必死に涙をこらえながら松島くんを見てた。
ちょっとセンチメントに浸っていると風磨くんが突然ステージ上で脱ぎ出した。
あのソロ、突然脱ぎだしたときはびっくりしたけど、一気にあの雰囲気にもってくのはすごい。
からのケンティーさんのソロも一瞬で会場の雰囲気が変わったのがわかった。すごい。
初めてSTAGEを見たときに強烈に印象に残ってるのが、ケンティーさんのソロのあの早替えシーン。
早替えっていうめちゃくちゃシンプルな演出なのに、ご本人のキャラと雰囲気にぴったりすぎて…
バクステで白い布が舞ったかと思うと、次の瞬間にはキラッキラのブルーのスーツに変身したケンティーが。
あまりにもそのシーンが鮮やかすぎて、ほんとにケンティーのことを魔法使いか何かだと思った。
今までもコンサートで早替えって何度も見てるはずなのに、これまで見たどんな早替えよりも単純に騙された。
実際、あのとき「うわぁ~~」って声出てたと思うし、今思い返してもため息が出そうなくらい鮮やかで美しいシーンだと思う。
そこから2度目のアリーナトロッコ
バクステまで行って歌って…と思ったらジャンケン…??勝ったらソロ??
え、すごい!!それ、すごい!!!!
正直、このソロじゃんけんはほんとにやられた。初日を見たなかで1番感激というか、やられたというか。これ考えた人めっちゃやばい!と思った。
コンサートに日替り要素入れるかって結構大きいことだと思う。
正直Sexy Zoneてまだまだ若手ってイメージだったからこういった要素を入れてくることはほんとに予想してなかったし、そんな余裕を持ってるとも思ってなかった。
日替りとして曲をやるグループは知ってるけど、じゃんけんでソロを歌うってのは考えたこともない。
ていうかじゃんけん見たい!じゃんけんしてるとこ、好きなグループなら見たいよ!これファンならそれだけでめっちゃ楽しいじゃん!!
うわ~~すごいなぁいいなぁ、コレ。
そんな風に感心しっぱなしだった。
初日はマリウスくんの勝利
マリウスくんがうれしそうに歌うところも見られて、ほんとにいいもの見れたなって感じ。
バクステからメインステージに戻って、最後の挨拶。
このとき風磨くんが「なんで自分がSexy Zoneなんだよって思ってたし、そもそもSexy Zoneて何だよって思ってたけど、でもSexy Zoneでよかった」って感じの話をしてたのがとても印象的だった。
Sexy Zoneでよかった」ってほんとに思ってるから、そう言う言い方もできるのかなって。
私はこのときの風磨くんを見て、なんか思ってるよりイイヤツなのかなってちょっと思った。
そして、最後の曲、STAGE。
もちろん私は知らない曲だけど、挨拶の流れでみんなで書いた歌であることがわかったから、その歌詞に注目してた。
なんていうか、本当にほんとうのかっこつけないそのままの気持ちかなって。
ん~~比べてどっちがいいとかじゃなくて、でもやっぱりNEWSファンとしては「愛言葉」が思い浮かぶんだけど。あれってやっぱNEWSらしいスタイリッシュさというか、986日々で4あわせ、みたいなのはNEWSじゃなきゃ出てこないし歌えないとおもうんだけど。
そういう上手い言い回しとかではないかもしれないけど、でも全部ほんとの言葉なんだろうなっていう等身大さとかリアルさが伝わって…。
曲が終わって、5人がステージを去るとすぐに、アンコールがかかった。
スクリーンに過去の映像?が流れる
1人ずつステージに薔薇の花を持って登場する。衣装は映像の中のものと同じだ。
…これって…。これって、過去の、たぶんデビューのときの再現?とか??そういうこと…??
えーすごい~~!!素敵!!
え、待って。っていうかあの曲、「地球の裏側じゃワイルドになる」あの曲がデビュー曲なの??
なるほど…。
本当にファンの方に謝らなくてはいけないのですが、私はテレビでなんとなく聞いたことがあったこの曲がデビュー曲であったことをこのとき初めて知った。
本当にすみません…
え~~でもすごい素敵な演習だなぁ、いいなぁ。
次の曲ではスタンドトロッコ
スタンド席だったので、このときようやくメンバーを間近で見ることができた。
マリウスくんは汗までほんとにキラキラ輝いてて、本当に美しい人ってやっぱり汗まで綺麗なんだなって思った。
勝利くんは近くで見てもめちゃくちゃ美形で、顔面国宝と呼ばれる意味がよくわかった。
コンサート中もずっとずっと綺麗なお顔でびっくりしたけれど、ほんとにお綺麗。
だし、綺麗さもなんだけど、そのお顔の小ささに感激した。
ロッコでこっちに近ずいてきているはずなのに、ずっとお顔が小さいままで遠近感おかしくなったのかと思った。
他のメンバーもほんとにかっこよかった。
メインステージに戻って、最後の曲が終わり5人が再びステージから去った。
最後に舞台裏から話しかける映像が流れて、コンサートは終わった。
なんか。
なんか、思ってた以上に楽しかった…?
ていうか、思ってた以上どころか、めちゃくちゃよかったんだけど!!!!
開演前に聞いた、あの言葉を思い出す。
「セクゾちゃんはおくすりです!」
その通りだった。
自分でもこんなに楽しいとは思ってなくて、ほんとにびっくりした。
正直、もう一度見たいと思うほど。
今度はもうちょっと5人それぞれのことや曲を覚えて。
あとなんとなくぼんやり、もう一度松島くんが見たいなって思った。
昨日webのブログを読んで受けた印象とは結びつかない、あの踊る姿。
もっかい見たい。
余韻に浸りながら会場を出た。
少し迷ったけれど、入場前に買わなかったペンライトを買って会場をあとにした。
その日はコンサートの疲れもあってとてもよく眠ることができた。
翌朝…。
何この多幸感!!!!
確かに昨日楽しかったけど!!
なんかすごい幸せなんだけど!!
思い返すとニヤけるほどだった。
(ここでふと、ところでこの多幸感て言葉あってるのかな?ってググったら思ってたのとちょっと違った(笑)すごい幸福感!ってこと!)
昨日買ったペンライトが目に入ると思わず「ああぁぁ~~~~楽しかったなぁぁぁぁ」と独り言をこぼしてしまうくらいに。
自分でもびっくりした。
とにかく、もう一度見たい。
とは言え、このときはまだ迷いもあったと思う。全く知らないグループのコンサートをもう一度見たいなんて思うミーハーさを認めたくないみたいなところもあった気がする。
今日もツアー2日目で同じ会場でコンサートがある。チケットは探せばあるかも知れない。
うーん、でも…。
結局その日は行かなかった。
ただTwitterで流れてくるレポートをずっと追っていた。
レポを漁っていると、じゃんけん以外にも一部曲を公演によって変えていることがわかった。
え、すごい。
そんなの、やっぱり見たいじゃん。
いや、でも…。
自分の中で葛藤は続いた。
だけどあのコンサートをもう一度見たいという気持ちは日に日に大きくなっていく。
朝起きるたびに、あの幸福感を思い出すのだ。
それも全く薄れることなく、毎朝あの気持ちを思い出す。
私が明確に、もう一度このグループのコンサートを見たい!と思ったのは翌週の大阪公演のレポを読んだときだった。
大阪公演も、結局出かけていくことはしなかった。
いや、もうちょっと曲とか覚えたタイミングで…みたいな言い訳を自分の中でしてたんだと思う。
だけど大阪公演のMCで、マリウスくんのお誕生日をお祝いして、5人で一緒に勝利くんバスパウダーのお風呂に入って、さらにそのお写真をwebにあげてくれる、というあの流れで完全にやられた。
え、なんかめっちゃ雰囲気いいじゃん。
自分が入った日も「想像してたよりもずっと仲良さそうでグループとしてまとまってそうだな」とは感じていたのだけれど。
それにしても、一緒にお風呂に入るのは予想できなかった。
なにそれかわいい!!!!
やだやっぱもういっかい見たい!!
大阪行けばよかった!!
こうして、私は本格的にどこか他の公演に入れないかと考え出したのである。
少し話が前後するんだけど、私が初めてセクゾのコンサートを見て、だけど周りにその話をする人もいなくて1人で余韻を噛めしめていたとき、Twitter上でお友達のひとりがたまたま「Sexy Zoneの新曲がかっこいい」みたいなことを呟いているのを見つけた。
もともと別グループのファン同士として知り合ったのでびっくりしたし、あまりのタイミングの良さにも驚いた。
いやでも気になってる程度で、別にコンサートに行きたいとかじゃないかも…
ちょっと迷ったけど、でももし一緒に行ける人がいるなら楽しそうだなぁと思って連絡を取ってみた。
今後の日程で行くとしたら、やはり横浜アリーナだよなぁと思って誘ってみると…チケットがあるなら行ってみたいって!
こうして私はようやくどうにかして横浜アリーナでのコンサートを見に行くことを決めた。
ゴールデンウィークみたいな人の移動が多い時期に都会にでかけるなんて本当ならしたくないし、いつもなら連休は引きこもって録画を消化しながら昼間からビールを飲むくらいしかすることがなかったけど。
珍しく忙しいゴールデンウィークになりそうだった。
それから、行くと決めたからにはもうちょっと曲を聞いておきたいな、と思って去年発売されたベストを買った。
曲もすごく好みだった。
トンチキ曲とか言われるものもあるようだけれど、もともとNEWSも好きだし、2次元ヲタでアニソンキャラソンにも抵抗がないのでむしろ好きなやつ。
(全然関係ないけどNEWS好きな人にはマジフォーは聞いてもらいたい、ほんと。)
そしてこの頃、本格的にセクゾに興味を持ち出した私は「アレ」の存在を知るのである。
そう、あのセクガル量産番組として誰もが通る道であるセクチャン。
もーーめちゃくちゃおもしろかった。
好きなのはやっぱりダブルダッチ回とかかなぁ。でも1番笑ったっていう意味では川柳だと思う。死ぬかと思った。
写真を見て振り返る回でもそのシーンがながれて完全に不意打ちだったからまた死んだ。
それからもうひとつ印象に残ってるのが、東京観光の回でプリクラを撮るときに「マリウスどれがいい?」って聞いてあげてる風磨くん。めちゃくちゃお兄ちゃんみに溢れててめちゃくちゃ萌えた。
この番組を見て、風磨くんはほんとに器用で不器用な人なんだなって感じた。
セクチャンを見てともうひとつよかったなって思ったのは、番組中でセクゾの曲が使われてて覚えることができたこと。
ダブルダッチ回見たらLady ダイヤモンドなんで絶対忘れないと思うし、エンディングでかかってたKQJを聞いてこの曲好きだなって思ったりした。
リアルタイムの番組だと、風磨くんと聡ちゃんが有吉ゼミで激辛料理を食べる企画がちょうど放送された。
このときもめちゃくちゃ風磨くんかっこよかった。
「食べられたらもう一度呼んでください」って言ってたのかっこよすぎて忘れられない。
ミーハーな自分と葛藤してると言いつつ、実はジャニショのお写真もこのころにはすでに買いに行ってたんだけど、そのときも風磨くんが1番多かった。
「セクゾちゃんはおくすり」に継いで、私が二つ目に出会ったセクゾ関連のパワーワード「聡マリは宇宙」を知ったのもこの頃だったと思う。
名古屋初日のMCでも仲いいなとは思っていたのだけれど。
ちょっとイラッとしたり凹んだりしたときは「聡マリ」で検索すれば、聡マリという名の宇宙から見ればどれも些細なことでしかないなと思えた。
チケットは5日の立見席が連番で見つかった。ちょうど同じ頃、7日のチケットも1枚だけだったが運良く見つけることができた。
6日が空いてしまったけど、もしかしたらチケットが見つかるかも知れないし、5日~7日の3日間横浜に行くことを決めた。
ここまでくるともう開き直ってとにかく楽しみだった。
心のどこかで「1番気になっているメンバーが10代」っていうのもひっかかってたんだろうけど、ちゃっかり松島くんの名前のうちわも作った。
横浜へ向かう前日。
ちょっと準備とかもあって出かけてたんだけど、ふとTwitterを見ると前日のコンサート中に行われた会見のことが流れてきてた。
ここで風磨くんが「新国立に立ちたい」って言ってたのを聞いて、あもうだめだ好きって思った。
それまでもたくさん好きになる瞬間はあったし、すでにセクゾのファンであることには間違いなかったのだけれど。
ちょっと調べてると、これまでにも同じような発言をしていることがわかった。
実は初日を見た数日後にメモアプリに「新国立に立ちたいとかそーゆーこと言ってくれるアイドルを応援したい」みたいなこと書き残してて。なんでそんなこと書いたのか全く覚えてないんだけど。
私は結構単純にアイドルが売れるっていいことだと思ってるし、売れたいと思ってて欲しいし、どうせならわけわかんないくらいめちゃくちゃ売れて欲しい。
風磨くんが「オンリーワンもいいけどNo.1になりたい」って言ってるのもはっきりしてていいなって思うし、何より「国立に立ちたい」は私の中ではアイドルファンが1番言われたいことかも知れなかった。
このとき、私このグループのこときっともっと好きになるんだろうなって確信した。
そして5月5日。
会場で、お友達と待ち合わせした。
よく考えたら実際に会うのは2度目だ。
まさか、Sexy Zoneのコンサートで再開することになるとは思わなかった。
ちなみにそのときの私の様子をお友達はこう綴っている。
『でも一足先に名古屋に入っていた友達はもはや心はセクゾ担なんだろうな~という雰囲気は感じていた。』
バレてる\(^o^)/
いや、自分ではそんなつもりなかったんだけど(笑)
でも、客観的に見てる人がそういうんだからきっとそうだったんだと思う。
曲もある程度覚えて、セクチャンも見て、レポも読んで、とにかく私は早くもう一度あのコンサートを見たくて仕方なかった。
友達にもとにかく早く見てくれ!って感じだったと思う。
立見席は初めてだったけど、ちょうど視界が開けている場所をキープすることができた。
そしてコンサートが始まった。
隣で見ているお友達の反応も良さそうだった。
ねっねっ、セクゾいいでしょ?聡ちゃんいいでしょ??
自分だってついこの間知ったばっかのくせに(笑)
ただあるとき、パタッとその反応が止まったような気がした。
気のせいかな?それともやっぱりそんなにハマってないのかな?と思ったけど、あとで聞いたら「聡ちゃん見てたら腰がくだけた」らしい。
すごい。
とにかくこの日私は初日以来このコンサートを見ることができて、本当に幸せだった。
コンサート後にはお友達と飲んだ。
これも楽しかったなぁ~~!!やっぱり共有できるって幸せ!
とにかく「聡ちゃんやばい」って言い続けてた気がする。
ホテルに戻ると、やっぱりあの幸福感がやってくる。
ああ~~楽しかったぁぁ~~明日はチケットはないけれど、明後日にはもう一度見られるなんて幸せすぎる!
聡ちゃん…聡ちゃんほんとにかっこよかったなぁ…。
ソロ曲聞こうかな。
だけど再生すると…
え、なんか辛い(´ ;ω;`)
意味わかんない、なんか聞けない。
かっこよすぎて????
自分でもほんとに意味わかんなかった。
なんていうか、やっぱ話してる松島くんとかwebであの文章を書く松島くんとソロで踊ってる松島くんが一致しなくて脳が混乱してたんだと思う。
仕方ないから関係ないけど関ジャニエイトの村上くんと横山くんと錦戸くんが英会話するやつ?の動画をひたすら見た。めっちゃ笑った。ありがとう。
翌日は、自分はコンサートに入らないけれど昨日のお友達ともう1人別のお友達と合流してランチを食べた。
昨日のお友達は今日も入る予定だ。
「1度見たら絶対もう一度見たくなると思うから!」と言ってチケットを確保していた彼女は正しかった。
ランチと言いつつ、昼間っからビールを飲んだ。
そうこうしていると夜の部の開場時間が近づいてくる。
会場近くで友達を見送った。
…いや、わかってたけど。
ここまで来たらやっぱ入りたくなっちゃうなぁ~~~~。
どうしようもないけれど。
ちゃっかり何かを期待してうちわとか持ってきちゃってるし(笑)
いやさ、どうしても絶対ってわけじゃないけどさ。
なんか運良く見つかる、とかあったら入りたいなぁ~くらいには思ってて。
だから開場時間あたりからTwitterとかで探ってたんだけど、やっぱりそんなに都合いい話なくて。
なんかそこまでするつもりなかったから、紙もペンも持ってなくて。
まぁ、今日は仕方ないか。
また明日見られるんだし。
終演後に入ってる友達とまた会う予定だったから、駅でお茶でもして待ってよう。
そう思って諦めたときだった。
「もしかして、チケット探してますか?」
女の子に声をかけられた。
見たところ、普通の女の子だ。
「あっはい」
「1枚あるんですけど」
まじか…
え、でも大丈夫?
「席はどこでもいいんですけど、定価で本人名義のものなら」
「大丈夫です!」
まじか……
いやでももう行くしかない。
時刻は17時25分を過ぎている。
カウントダウンをしている都合上、必ずオンタイムで始まるので今から走ってもオープニングには間に合わなそうだった。
「わかりました!」
そう答えると、その女の子について横浜アリーナへと走り出していた。
え、てか。
なんでこんなことになったんだっけ??
なんでこんなジャニヲタみたいなのことしてるんだっけ??
いやジャニーズ好きだけどさ。
前に友達が「1日立ちっぱなしで待って開演ギリギリで譲ってもらえた」って話をしてたのを聞いて、なんか自分には関係のない別世界のことみたいって思ったことをふと思い出した。ジャニヲタってすごいなぁって。
今、全力で走りながら、なんかセクゾに出会ったおかげで、全然知らない世界へ来て決まったようなそんな気がした。
お昼にビールを飲んだことをほんのちょっぴり後悔した。
横浜アリーナの周辺はこの時間になるとさすがに人気がなくなっていた。
チケットを見せて、中に入る。
席を把握していなかったので、とにかくその女の子について行った。
え、てかそっちアリーナだよ。
あってる??
え、アリーナなの??
会場内に入るとRTTの後半だった。
え、ほんとにアリーナ?
ていうか近くない?近い近い!!
アリーナ席(横アリのセンター席)には無縁だと思っていてアリーナ構成表とかも確認したなかったので、どのブロックあたりか等はわからなかったけど。
でも、近い。
いいのかな…?
ちょっと不安に思ったけれど、その女の子もすでに始まっているコンサートに入り込んでいるようだったし、私も双眼鏡を準備して、コンサートに集中することにした。
ただ久しぶりにあんなに走って、私、今めっちゃ胃もたれしてるわ、ケンティーって思った。
その日のコンサートも素晴らしかった。
この近さでもやっぱり私は双眼鏡を手放せなくて、でもいつも以上に聡ちゃんの表情とかを見てた気がする。
この日はやっぱりアリーナトロッコが近くて、近くのの席のお姉さんが風磨くんが通ったきになにかうちわを見せてリアクションをもらってたんだけど。
そのときの風磨くんの顔がちょーーーーかわいくて!!!!
そんなとろけそうな笑顔で??
そんな嬉しそうな幸せそうな顔でファンのこと見てるの????
え、めっちゃかわいい!!!!
ってすごいテンションあがった。
私がもらったわけじゃないし、偶然見ただけだったけどめっちゃいいもの見れた!
聡ちゃんも近くを通ることがあって、ここぞとばかりに作ってきた名前のうちわ出したんだけど…
こっちの方向は見てくれたんだけど、ん~~どうかな??私も視界に入れてたかな??
くらいの感じで全然確信もてなくて。
でも後日NEWSのコンサート入ったときにシゲがうちわに反応してくれたのを見て「あ、あの感じならあのときもやっぱり見えてたかな」くらいには思えた。ので、勝手に幸せな勘違いをしておきます。
あとこの日はじゃんけんソロが松島くんで。
バクステだからちょっと遠かったんだけど、でも歌声聞けてほんとによかった。
お友達はバクステ近くに入るって言ってたから、きっとばっちり見てるはず。
私も入れました!見てましたよ!!ってめっちゃ心の中で念を送ってた。
アリーナで見れてよかったのは、やっぱり光の演出は前から見るのが1番見え方としたは綺麗だなって感じたこと。
レーザーマリオネットも、あの階段使ったやつもすごく綺麗に見えた。
最後の挨拶で風磨くんが「これからだって何があるかわからない。10周年とかでなにかあるかも知れないじゃん」て話してたのってこの日だっけ??
それ聞いて、私の頭には「突如シリーズ」って言葉が浮かんだ。

もちろん、何もないのが1番だけど、やっぱり先のことはわからないから。
それでも風磨くんの言葉は力強くて、5人で上を目指すことを約束してくれて、やっぱりこのグループについて行きたいなって思った。
終演後にはお友達と落ち合ってまた飲んだ。
ほんとに楽しかった。
そして、オーラス、5月7日。
なぜかちょっと緊張しながら、準備をして駅に向かった。
ほんとは1人で入る予定だったけど、昨日飲みながら二日間一緒に入ったお友達が「やっぱり見たい!」と言ってチケットを探してて、無事見つかったようなので今日も一緒。
まだグッズを購入してなかったのでちょっと早めに待ち合わせして、会場でグッズを購入した。
気になっていた会報フォルダも買った、まだ会員になってないのに。
友達と「まぁどこかのタイミングで入るもんね、買っとこ」みたいな会話をした気がする。
松島くんのフォトセも買った。
なんかめっちゃ緊張した。
売り場のお姉さんに「松島くんください」って言うのもめっちゃドキドキした。ちょっと吃ってたと思う。
なんかやっぱり心のどこかで10代のこを応援することに抵抗があるというか、いいのかな?って思ってた部分があったのかも。
まだ開演までには時間があったので、会場近くで軽く食事をすることにした。
ご飯を食べながら、ちょっとづつドキドキが増していく。
とにかくめちゃくちゃ緊張してきて、胃が苦しくなってきた。
「念のため胃薬飲んどこ」
「『甘すぎて胃もたれするなよ~』ってケンティ言ってたのにね」
「ケンティ甘すぎてほんとに胃もたれしちゃったよ~~」
「あ~~でも私もちょっと…」
「飲みます?」
「ありがとう」
「ほんとケンティすごいですよね~~あはは」
今考えればおかしいんだけど。
そのときは本気で人体に影響をおよぼすレベルのケンティすごい!セクゾすごい!って思ってた。
どう考えても、二日間アルコールを摂取したうえで、けっこうしっかりと肉を食べたせいなんだけど、そのときは本気でそう思った。
会場に入るとき例のサプライズ用の薔薇を受け取った。
席に着くと、やっぱりこれで最後っていう寂しさもこみ上げてくる。
私はいつもコンサート前には始まる前から「これが終わったらどうやって生きていくんだろう」って考えてほんとに寂しいし悲しくなっちゃうんだけど。
何なら家を出る時とか前日とかから悲しくなるし、今回も横浜へ向かう新幹線の中ですでにちょっとそんな感じなんだけど。
そういう寂しさももちろんあるんだけど、でもいつもと違って、単純に早く見たい!あのコンサートももう一度見られるなんて幸せ!っていう気持ちの方が多かったと思う。
そして、オーラスの公演が始まった。
この日も双眼鏡でずっと聡ちゃんを見てた。
いつも以上に、ほんとうに胸に刻みつけるみたいに。
こうやって文章にしてる今もやっぱりちょっとづつ薄れてきてるのかなって思うけど。
でも、映像に残らなくても、絶対に忘れたくなくて真剣に見つめてた。
RTT終わりで後ろを向いて歩いて行くところが好きなんだけど、その前に「べーっ」てするところも好き。
松島くんを見てておもしろいなって思うのは、もちろんダンスもなんだけどこういう表情の変化かなって思ってる。
ミスミス前での着替えで腹チラも見えた。
マリウスくんの英語で話すやつ、あれの「スキップワーン」も最初に見た時よりこなれてる感じがしてかわいかった。
勝利くんのソロもほんとうにかっこよくて好き!
音源で改めて聞いた時もほんとにおしゃれな曲だと思ったし、あの衣装、あの振付ってやっぱマイケルジャクソンだよね??
あれってジャニーズの中でも選ばれた人のみに許された路線のソロ曲だと思う。
メインステージのセンターで、あの衣装であの振付であの曲を歌う勝利くん、ほんとにめちゃくちゃかっこいい。
さらに歌詞が「好きにしなよ、君なしでも僕は平気さ」ってすごくない?あの勝利くんにそんなこと言わせる女の子っていったいどんな子なの??ってめちゃくちゃ妄想広がる!
初日に見たときはその盛り上がりの意味がわからなかったTeleportation。
そのあとレポを読んだりして、ようやくなるほどと思った。

私は単純にこの曲のかっこよさが好きだなって思う。
衣装も振付もやっぱりかっこいい。
この日のこの曲の聡ちゃん、すごかった。
隣の高校生ぐらいの女の子2人組もずっと関西弁で「そうちゃんやばい~~~~」って言ってた。
あの若い子?特有の「やばい~~~~」のイントネーションで。
私は双眼鏡を除いたまま「そうだよな、やばいよな」って心の中で頷いてた。
レーザーを操る演出、レーザーマリオネットもやっぱりめちゃくちゃかっこいい。
ここの演出についてはその意図にいろいろ考察してる人もいるけど、やっぱりそこは私が触れるべきところではないのでそちらはお任せして。
とにかく私が言いたいのはかっこいいから見て!ってこと。
演出の仕掛けを借りてきて使うだけのやり方じゃなくて、きちんとコンサートの中に自分たちのものとして取り入れてるところがめちゃくちゃかっこいい。
そしてやっぱり時間をかけて練習が必要なものであること。
初日に見たときはちょっとズレてたけど、横浜で私が見た中では1度も失敗したなかったと思う。
ツアー中にも努力を重ね、完成を目指す姿勢がよくわかる。
私がこのレーザーマリオネットの演出が好きなのは、そういうところ。
マリウスくんのソロはほんとうにかわいい。好き。
マリウスくんは過去の映像を見ても今回のツアー中もずっと「人を幸せにしたい」って言ってて、それが嘘じゃないのがわかるからすごい。
普通、アイドルがそんなこといってたらひねくれてる私は「綺麗事言うなよ~~」ってちょっと思っちゃうんだけど、マリウスくんはそんなしょうもない嘘はつかないと思う。天使だから。
「今この場所で 歌えるなんて」ってほんとうに嬉しそうに歌う姿がかわいくて大好き!
よびすてからLady ダイヤモンドは、あのぱって切り替わる聡ちゃんの表情が好き。
よびすての最後で手を上にあげたポーズのまま、Ladyダイヤモンドのイントロがかかって、その瞬間に一瞬でアイドル曲スイッチみたいなのが入るみたいにパって変わる表情。
そこから歌い出しの「レ」でもう一段階、ぱーんってさらに全開になるの。
あの瞬間が、ほんとに好き。
キャラメルドリームは、ほんとにどこ見ていいか困る。全部かわいい無理。
あーーなんで私の目には拡大機能も録画機能もなくて、見た記憶を永久保存もできないんだろ。なんでそんな普通の人間なんだろ、がっかり。
もし魔法の国のケンティー王子にひとつだけ願いが叶えてもらえるのなら、あの日の記憶を永遠にして欲しいってお願いする。
Hey you!も好き。
あの聡ちゃんほんとおもしろい。
オーラスのこと思い出そうとすると、いろいろかっこいいところよりあの聡ちゃんが真っ先に出てくる(笑)
ツムツムも何度見てもやっぱりかわいい。
結局ファンが見たいものってほんとはすごいシンプルなのかなって思う。
お金のかかった派手な演出だってもちろん素敵だけど、必ずしもそうじゃなくて、みんなで何かしているところ。
うまく言えないけど、SMAPの5人旅があんなに受けたのも、結局そういうことなんじゃないかなって思う。
ちなみに私は入った公演全部rouge/Hey you!パターンでした。
MCからの君だけForeverも松島くんの表情の切り替わり方がよかったところ。
Lady ダイヤモンドのときとは違って、静かにスって曲に入る感じ。
MC終わりでケンティーさんがピアノを弾きだすと、一瞬目線を下にしてスっと曲の世界に入る。
と思ったら、なんだったか忘れたけどまたひと笑い起こって、その雰囲気が一瞬途切れる。
もう一度改めて曲にいく流れで、また一瞬目線を下に落として、今度こそ本当に曲に入る。
この一連の流れ、見てて本当に楽しかった。
(て思って見てた記憶があるんだけど、もしかして全然違ってて妄想はいってたらごめんなさい。)
この日は座席の関係で、聡ちゃんがピアノの脇に立つと後ろ姿しか見えなかったんだけど、顔の右側の耳から輪郭から首筋にかけてをこれでもかと言うほど見た。好き。
Sweety Girl、かわいい。
お着替えシーンはケンティーさんが着替えているところがチラッと生で見れました。
幕が落ちて、「みんなー!」って出てくるところで、ふまりんちゃんだけちょっと遅れてモデル歩きで歩いてくるのを見て、このこと合コンで一緒になりたくいなって思った(笑)
(ていうか今まで「ふまみちゃん」だと思ってたんだけど公式レポ見てきたら「ふまりんちゃん」だった)
これのマリちゃんほんとかわいくて、動きも女の子っぽいし、一言ずつ話すときの声も女の子っぽくてかわいいんだけど、ダニーちゃんは隠すことなくまんまの声で笑う。
曲が終わって暗転したはけるときたぶんダニーちゃん?かな??が暗い中でも手を振っててかわいかった。
そこから先はもうあんまり覚えてない。見てたはずなんだけど。
ああ~~聡ちゃん聡ちゃん松島くんああああ~~~~。
みないな感じだったと思う。
風磨くんのソロも、これで最後かぁって食い入るように見た。
最初見た時は、びっくりしたけど、でも好き。
ケンティーのソロは、ほんとに何度見てもあの早替えのシーンが素晴らしすぎる。
結局4度見て4回とも「うわぁぁ~~」って声出てたと思う。
ほんとにあの白い布が舞うあの瞬間、あの空間だけディズニー映画の世界みたい。
あのキラキラのブルーのスーツも似合いすぎてて好き。
この日のソロじゃんけんは風磨くんの勝利
自分が入った公演では毎回違う人が見られてよかった。
ちなみにこのバクステで勝利の日まで歌ってるときに「ケンティーみたいになりたい♡」ってうちわを見かけて笑った。
メインステージに戻ってきて、最後のセリフから、次の曲の始まりまでふまけんがなんかわちゃっとしててかわいかった。
そして、最後の挨拶。
この日はほんとに最後の最後まで松島くんが松島くんで。
小指出してって言われたとき、かわいすぎてうわぁぁ~~ってなってたんだけど。
出した小指そのまんまにされて、ほんとに松島くんが松島くんすぎて笑った。すごい。
でね、最後のSTAGE。
聡ちゃんの歌い出しのパート、大好き。
私はアイドルが好きだけど、ダンスがうまいから好きとか歌が上手いから好きってあんまり思ったことなくて。
だからコンサートでの自担とか推しとかのソロパートもうまく歌えてるかとかってあんまり気にしたことなかったんだけど。
でも、初めて、神経を集中させて必死にソロパート聞く、みたいなことをしたと思う。
風磨くんが隣の松島くんの肩を叩いたのをきっかけに、みんなが真ん中に集まって歌ってたのは見てたんだけど。
後々レポ見たら「すごい泣いてて」ってすごい言われてて、そんなにくちゃくちゃになるほどだったかな?って思い返してもなんか覚えてなくて。
お前、散々双眼鏡で見てたくせになにやってたんだよ💢って思ったんだけど。
よくよく思い返してみると、私歌うのに必死で(笑)
私はひねくれてるから、こういう
歌わされる演出とかは正直好きじゃない。
いい歳だし、ちょっと気恥しいのもあるし。
でもこのときは、このときだけはどうにかして5人に伝えたくて。
珍しく必死に歌ってたんだと思う。
最後、5人がステージから去る瞬間。
勝利くんが大きく広げた手を掲げてる後ろ姿を見たときに、思わず号泣した。
それまでは、感動しながらも泣いてはなくて。
周りのきっとずっとファンだった子たちが泣いてるのを見ると、私がここで泣くのはちょっと違うんじゃないかって。
そう思ってたんだけど、でもあの瞬間、何かが壊れたみたいにわんわん泣いた。
きっと私はセクガルさんたちが羨ましかったんだと思う。
あんなにたくさんアイドルからの言葉をもらえて、これからも5人でって言ってもらえて。
2017年もグループとして存在して、5人の歌を5人で歌ってくれてて。
私が軽々してく羨ましいなんて思っていいわけないのはわかってるんだけど。
でも、それでもあのときの気持ちを正直に言うなら、セクゾのファンのこたちが心の底から羨ましかった。
自分でも予想してなかったタイミングの号泣にびっくりした。
まつげも取れてどこかいった。
ここで、薔薇のサプライズの案内がスクリーンに映される。
アンコールのSexy Zoneは客電もついたままで。
このときは薔薇に気づいて驚いた勝利くんの表情がとても印象的だった。
スタンド席だったので、たぶんスタトロで通ったときに松島くんの視界に入った気がするたぶん。
ただ、書いててよくよく考えるとまつげも取れた作画崩壊の状態だったかと思うと死にたい。
この日はダブルアンコールもあった。
Silver Moon。
セクチャンでもかかってて好きだなって思ってたし、ベストを買って歌詞カードを見た時に作詞がイナ戦の丈弥くんだと知って驚いた曲。
最後の最後までほんとにほんとに楽しかった。
風磨くんの「負けるなよ」がすごく心に残った。
この日は公演後に別の友達と会う予定を入れてたので、3日間を一緒に過ごしてくれたお友達との別れもそこそこに電車に乗り込んだ。
友達と食事をして、帰るために夜行バスを待っているとやっぱり寂しくなってくる。
この夜行バスを待ってるときが、1番寂しくて辛い。
友達から「聡ちゃんのうちわを見て元気出して!」ってメッセージが来たけど、さすがにうちわ見てにやけてたらアレかな、と思ってフォトセにした。
あぁ、スプーンくわえてる写真の鼻の穴の形可愛すぎるかわいい寂しいけどやっぱかわいい、みたいな謎の感情だった。
コンサートのことを思い出そうすると、なぜかHey you!の聡ちゃんが出てくる。
他にもかっこいいところも感動したところもあるのに、なぜかあの聡ちゃん。
え、楽しいじゃん。楽しくなっちゃうじゃん。
寂しいはずなのに、思い出していたやっぱ楽しくて幸せだったって、あの幸福感がやってくるじゃん。
びっくりした。
寂しくて泣きそうなのもほんとうだけど、でもいつもの帰り道とは全然違う感じがした。
翌朝、帰宅してとりあえずいったん睡眠。
その後は、またレポを漁って昨日までの思い出に浸っていた。
楽しかったゴールデンウィークが終わっちゃって寂しかったけど、不思議と「楽しみにしてたコンサートが終わっちゃってこれからどうやって生きていこう」みたいな気持ちにはならなかった。
なんか、やっぱりこれまでと全然違う。
その日の夜、明日から仕事かって思う気持ちもちょっと違った気がする。
うまく言えないんだけど、やっぱり風磨くんが「負けるな」って言ってくれたから。
いままでもコンサートの終わりにそういうことを言ってくれる人はいたけど、それを聞く度に「無理だよ無理。寂しいものは寂しいんだよ」って思ってたんだけど。
初めて、次会うときまできちんとしてないとなって思った。
まさか、年下の平均年齢が20歳とかのグループを見てそんなこと思うとおもってかったんだけど、次に会うまでにもうあと少しだけでもちゃんとした人になりたいと思ったし、次に5人に会ったときにに恥ずかしくないようにしてないとなって。
そんなこと思ったのは初めてだった。
ほんとに、不思議な力だと思った。
それから数日後にFC入会の手続きをした。
ほんとは、なんとなくペイジー?とかいうやつはどうやってやるのか確認しとこ、くらいの気持ちで見てたんだけど。
気がつけばコンビニでお金払ってた。
めっちゃ簡単じゃん!
こんなに簡単に「あのコンサートを見てあのたたちのファンになりました」って確実に伝えられるのなら、実質タダじゃんてお金払いながら思った。
さらに、会報が届けば会場で買った会報フォルダ(1000円だけど実質無料だと思う)が使えるじゃん!どう考えても実質タダすぎる!
こうして、私は晴れてセクガルさんの仲間入りをしたのである。
STAGE出の永遠の新規だけど、ケンティーさんが第2章の始まりだと言ってくれたから。
あの日、ほんとうに偶然だったけれど何の知識も先入観もないままこのコンサートを見られた自分はアイドルファンとしてこれ以上ないほど幸せだと思います。
これからの彼らを陰ながら応援して行きます。
Sexy thank you.
2017年5月21日